3月/07/2013

ことだま。

P196

ひとりごとである。

先日、易学の長である86才の先生の講義を聞かせて頂きました。

色々なお話をお聞きする事が出来ました。例えば、九星気学の星のお話や、漢字の語源、成り立ち、言葉の本当の語源、様々な角度からのお話をお聞きする事が出来ました。

言葉、一つ一つ、丁寧に、しかも和やかに楽しく色々なお話を聞かせて頂きました。

先生は昔、歌手の方のお付き司会をしていた為、お話がとても聞きやすのですが、本人曰く、「話すことを考えて結びの話も考えておいたのだけど、出てこなかった」と講義を振り返り反省をしていらっしゃいました。聞いている方はとても楽しく面白かったのですが。
いつも必ず講義の後はそう反省をなさるそうです。

そして、お爺様先生、極めつけは、
「わしゃ、90才になるのがとても楽しみなんじゃ。やっと一人前になれるっちゅうよって。」

…先生、私どもはそれでは、ぴよぴよのヒヨッコもヒヨッコですっ!Σ(゚д゚lll)私なぞ人間にもなれてないじゃないですかっ!(T . T)

すごいです、すごすぎですm(_ _)m

勤勉、かつ何処までも謙虚に自分自身に向き合い切磋琢磨?!(私が言うのもおこがましいが)し、そして、惜しみなく教えて伝え下さる姿勢に、感動と尊敬m(_ _)m

日々ヘタレな自分に大反省(>_<)>

ご縁に本当に感謝ですm(_ _)m

少しずつ、少しずつ、がんばろう~っと(#^.^#)

と、思うのでありました。


Comments are closed.